iPhoneを本当に安く使う方法・iPhoneの買い方から利用の仕方まで

iPhoneを本当に安く使う方法

 

iPhone5発売直前特集第3弾は、iPhoneを最も安く使う方法を
iPhoneの買い方と利用の仕方に分けて解説していきます。
 
日本でiPhoneユーザーの90%以上が、SoftBankかauでパケットし放題のプランに2年縛りで加入してiPhoneを手に入れるというのが一般的です。
 
この方法だと、初期費用がかからずにiPhoneを使い始める事ができるので一見お得ですが
トータルで考えると様々なデメリットがあります。
 
例えば

・海外旅行の時に海外のキャリアを使えない(SIMロックがかかっているため)
・トータルコストが高い
・パケットの3G回線は混んでいるし通信速度が遅い。

などです。
 
では、どうすればいちばん安く便利にiPhoneを利用することができるのか?

・iPhoneの買い方
・iPhoneの使い方(データ通信と電話)
・具体的なコストや通信速度の比較

と言う順番で解説していきます。
 

iPhoneの買い方

iPhoneの買い方ですが、海外版のiPhoneを仕入れます。
私の場合は、タイに旅行に行った際に買ってきましたがiPhone4Sの16GBが約60000円切るくらいで手に入りました。今は円高ですのでカナダや香港、アメリカなどでも同様に安く仕入れる事ができます。ちなみに、iPhone5(16GB)はタイや香港ですと75,000円~で手に入れることができます。
 
海外に行く暇がない方は、ヤフオクなどでも海外版のiPhone4Sの新品が55,000円くらいで出ていたりしますので確認してみるといいでしょう。
 
SoftBankで一括買い上げした場合は、46,080円ですが、2年間SoftBankのホワイトプラン、標準プライスイン等に加入する必要があるため、割高になります。また、SoftBankのiPhoneはSIMロックがついていますので、SoftBank以外での利用ができません。
 

iPhoneの使い方

<データ通信>

データ通信の方法は2種類あります。
Docomoのパケット通信を使うか、WiMAXやEMOBILEなどのモバイルwifiルーターを利用するかです。
 
個人的には、docomoのスマートフォン向けパケット定額が5,460円に対して、WiMAXやEMOBILEの通信料は3,880円ですので、WiMAXかEMOBILEで運用する事をおすすめします。ただし、EMOBILEは2年縛りがかかるので、1年縛りのWiMAXの方が使い勝手はいいでしょう。
 
WiMAXをさらに安く利用したい方はこちらを参考にしてください
WiMAXのプロバイダ(MVNO)キャンペーンを比較
 

<通話はどうするか?>

iPhone×WiMAXで運用した場合、通話が問題になります。
 
基本的にはSkypeなどVOIPを利用して無料通話をしますが、どうしても携帯電話の番号が必要になると思います。
 
そこで、今まで使っていた携帯電話のSIMをiPhoneにさせばそのままの番号で、今まで通り利用することができます。その時に、プランからパケットを外し、通話だけの最安値のプランを選ぶといいでしょう。
 
私も、データ通信は海外版iPhone4S×WiMAX、通話はdocomoの最安値のプランを利用しています(電話を受ける専用にしています)
 
※ただしauの携帯はSIMの規格が違うため、iPhoneに入れても使えませんのでご注意。

またiPhone4はSIMのサイズが小さいので、カットする必要があります。
iPhone sim カットなどのワードでgoogle検索すればやり方はすぐ出てきます。
 

具体的な料金と通信速度を比較

iPhone4Sの16GBを海外版とSoftBankでコストやスピードを比較しました。

  初期費用 月額利用料 2年間のコスト  
海外版iPhone4S 55,000円~ WiMAX or  EMOBILE
3,880円+通話料
97,680円+通話料  
SoftBank・iPhone4S 0円 SoftBankパケットし放題フラット
5,705円+通話料
136,920円+通話料  

 

表を見ると、SoftBankの方は初期費用がかかりません(他社から乗換えなら2万円相当のキャッシュバックあり)が、2年間のトータルコストで見ると、iPhone×WiMAXでの運用に比べて約40,000円高くなってしまいます。
 
また、通信速度もWiMAXの40Mbpsに対して、SoftBankのパケットは7.2Mbpsとかなりの差が出ます。
 

まとめ・海外版iPhone×WiMAX運用のメリット・デメリット

 

<海外版iPhone4S×WiMAX(EMOBILE)のメリット>

・通信スピードが早い
・料金が2年間で40,000円ほど安い
・SIMフリーのためキャリアを選べる(海外旅行の時に海外キャリアで使えたり、docomoでの利用ができる)
・WiMAXの縛りは1年 (SoftBankは2年)
 
<海外版iPhone4S×WiMAX(EMOBILE)のデメリット>

・初期費用がかかる
・キャリアのメールアドレスをもてない→Gmailなどのフリーメールで対応可 
 

・iPhoneをWiMAXで運用するなら

私も海外版iPhone×WiMAXで利用していますが、いちばん便利なのはSIMロックがかかっていないため、
海外旅行の際に現地のSIMカードを遣って安い料金で通話やデータ通信をできる事でしょうか。
 
これからiPhoneに乗り換える方は、SoftBankかau以外にもiPhoneを利用する手段はありますので
色々考えて自分にとっていちばん便利で、安い使い方を探してみてください。
 
iPhoneのデータ通信の手段としてWiMAXを利用する場合は、BIGLOBE・WiMAXを利用するといいでしょう。

・月額料金が安い
・利用制限が一切ない
・キャッシュバック額が17,000円と高額
・端末料金が無料
・契約期間の縛りが1年と短い

と他のモバイルルーターキャリアに比べてコストパフォーマンスがいいためです。


スポンサードリンク


関連記事

  • docomoユーザーはiPhoneに乗り変えるべきなのか? Xi vs iPhone
  • 【iPhone】 SoftBankの番号だけ残してパケット通信をやめる裏技
  • Wi-Fi WALKER DATA08Wのレビュー|DATA08WをWiMAXルーターと比較
  • Xi(クロッシィ)のL-04Dをレビュー|Xiのモバイルルーター比較
  • 【iPhoneユーザー必読】パケット通信とWiMAXどちらが安く快適に使えるの?
  • ページトップへ

    にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ
    にほんブログ村